新闻中心

News Center


时间:2013-07-31 来源:网络 作者:网络

 キャリアプランとは、理想の姿を目指し、自らの現実の姿を見つめ、そのギャップを埋める(=価値を高める)ための、戦略的行動(アクションプラン)を策定し、連鎖的に実行に移すことです。

所谓的职业生涯规划是指,依照理想的模样寻找现实的身影,为缩小理想与现实的差距(=提升价值)制定战略性行动(行动计划),并将计划付诸于实践的这样一个过程安排。

 

 

「キャリアプランを描いたほうがいい……」と言われても、一体何から手を付ければよいかわからないという人が多いのではないでしょうか?
虽然都说,(工作之前)最好拟定一份职业生涯规划,但究竟如何着手,很多人都是一头雾水。

 

 

そこで、過去·現在·未来の視点から、ビジョン(あなたの理想像)に到達するためのアクションプランを立てる4つの手順をご紹介します。 
接下来,小编就从过去·现在·未来三个角度来给大家介绍一下,为达到理想的目标我们需要制定行动计划的4个步骤。

 

 

1、過去を振り返ることから始める
从回首过去开始

 

 

キャリアプランを立てるには、まず今までの人生を振り返り、自分自身の価値観·仕事観を明確にすることから始めてみましょう。
拟定职业生涯规划,首先得从回顾自己至今的人生,明确自己的价值观和就业观开始。

 

 

年代ごとに影響を受けた人との出会いや、影響を受けた出来事、成功体験や失敗体験、当時の趣味や関心事を思い出してみましょう。
试回想出,在每个年龄段,一些影响过你的人,影响过你的事,成功和失败的经历,以及当时的兴趣爱好和关心的事。

 

 

表にまとめると年代ごとの特徴がわかり、年齢による変化や年齢に関係なく共通するものが見えてくるでしょう。
整理成表格,了解每个年龄段的特征,找出与年龄相关的变化和与年龄无关的共通之处。

 

 

過去を振り返る一連のワークをすることで、今の自分の価値観や考え方に影響を与えた出会いや出来事があぶり出され、思いがけない気づきを見つけることができます。
正是因为回首了解了过去,影响自己现在价值观和思维方式形成的一些人和事才一一浮现出来,最终你会有意想不到的发现和领悟。

 

 

2、現在の自分を知る
了解现在的自己

 

 

次に、今の自分を知ることが肝心です。これまでにどんな能力·スキルを培ってきたのか、それはどの程度なのかを客観的に見てみましょう。
其次,了解现在的自己也是非常重要的。到现阶段,自己究竟掌握了哪些能力和技巧,以及掌握的程度,这些都需要我们去客观地看待。

 

 

通常は職務経歴書のように、新卒で入社した会社以降で獲得した能力(会社の仕事および自己啓発を含め)を中心に整理するとよいでしょう。
通常就像职务经历书一样,以刚毕业时掌握的能力和进公司之后获得的能力为中心整理出来。

 

 

仕事そのものだけではなく、職場環境や組織風土とのマッチングを図るためにも、自分自身の性格特性やタイプを知ることも重要です。
不仅仅是工作本身,甚至为融入职场环境、增强与组织体系的协调性,了解自己的性格特征和类型也是很重要的。

 

 

自分の能力が最大限に発揮できる職場環境かどうかや、上司やメンバーとの相性などは組織である以上、無視することはできません。
是否有一个能让自己发挥出最大能力的职场环境、以及是否与上司和同事投缘等,既然是一个组织,这些都是不容忽视的。
 
3、未来の自分をイメージする
想象一下未来的自己

 

 

3つめは自分の未来理想像を描くことです。とはいえ、マウスイヤーと言われるほど技術革新が速い今日、予測できる未来は最高でも10年くらい。10年後の自分をイメージしてみてください。
第三,描绘自己未来的理想型。虽然这样说,在这技术革新日新月异的今天,能够预测的未来最长也就10年左右。请试着想象一下10年后的自己吧。

 

 

どんな風になっていたいのか、どんなものを持っていたいのか、どこに住みたいのかなど、具体的に将来の自分像をイメージ出来れば出来るほど、実現の可能性が高くなるものです。
想变成什么样的风格,想拥有什么东西,想住在哪儿等等,试着具体地想象一下自己将来的模样,往往越具体实现的可能性就越大。

 

 

4、アクションプランを作成し、行動する
订立行动计划,并付诸行动

 

 

10年後、5年後、3年後こうありたいという未来像を描いたら、まずは現在の自分とどこが違うのか、そのギャップを認識します。
描绘出10年后、5年后、3年后自己想成为的理想型之后,重要的是认识到现在的自己还有什么欠缺的地方,差距在哪儿。

 

 

そして、ギャップを埋めるためには何をすればいいのかという「戦略」、つまりアクションプランを立てていきます。
而且,要制定出如何去缩小这个差距的战略,也就是行动计划。

 

 

まずは、3年後のイメージ(理想の姿)とのギャップを埋めるには、どうすればいいのかを考え、計画を立て、行動に移していきます。
首先,为缩小与3年后的理想型的差距,考虑如何去着手,制定相应的计划,并付诸实践。

 

 

それだけで終わらずに、その次の5年後の理想像に向けて、どんなキャリアを積みたいのかアクションプランを同様に考えていきます。
不是这样就完事儿了,接着得向5年后的理想型奋进,同样去考虑想要积累什么样的经验以及行动计划。

 

 

ビジョンをいつも持ち歩く
一直怀着梦想前行

 

 

ビジョンを明確に持っている人とそうでない人とでは、年を経るごとに能力やスキルで大きな差となって表れます。
拥有明确理想的人和没有明确理想的人,每经过一年,在能力和技术上都会显示出很大的差距。

 

 

常にビジョンを忘れないように、常に持ち歩く手帳などにメモをしておくと効果は絶大です。
通常为了不忘记理想,经常带着记事本等写备忘的话,效果也会很明显。


回到上页